筋肉量を増やすとはどういうことか?

さて、ここから、あなたにふさわしい、あなただけの運動メニューを探っていきます。とくに筋トレは、無理をすれば筋肉を壊してしまいますし、逆に軽すぎればほとんど効果が見込めません。あなたにふさわしいメニューでなければ、「やる意味がない」とさえいってもいいでしょう。

それを理解していただくために、これまで何度もくり返してきた「筋肉量を増やす」「筋肉を太くする」という事象について、もう少しだけ説明することにしましょう。

さて、私たちの体には、いったいどれだけの筋肉があるかご存じでしょうか。人間には、主なものだけでも400の筋肉(骨格筋)があります。重さでいえば、30歳の男性なら、体重の40パーセントから45パーセントが、女性なら、20パーセントから40パーセントが筋肉です。

体重70キログラムの男性では、28キログラムは筋肉ということ。これが年齢とともに減り続け、70歳代で約三分の二になります。28キログラムの筋肉が19キログラムになってしまうということです。もし、体重が変わらなければ、そのぶん筋肉以外のもの、そう、体脂肪が増えたと考えられます。

体脂肪が増えるのは、摂取カロリーオーバーという現実もあるでしょうが、筋肉が減少することも、その大きな原因です。若いころに比べて急激に太れば、その太ったぶん以上に、筋肉も脂肪に置き替わっている可能性もあるので、とくに注意したいものです。エネルギーの最大消費者である筋肉が減るのですから、それだけエネルギーは体内にため込まれます。人間の体はとてもよくできているので、もっとも効率のいい脂肪という形でため込まれるのです。

同じ体重でも筋肉が減れば、それだけ代謝が悪くなり、痩せにくい体になってしまうということです。そこで、筋肉を増加、維持することが大きな課題になりますが、そもそも「筋肉量を増やす」、あるいは「筋肉を太くする」というのはどういう現象なのか、ぜひ理解しておいてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です